スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギンガS 13話 感想

ウルトラマンギンガS 第13話 「分裂UPG」 (12月2日放送)の感想です。
ちょっと、今更感ありますけど (^^ゞ

いよいよ物語がクライマックスに向けて大きく動き出してきましたね。

巨大兵器は必要なのか?

侵略してくる異星人に対して、人間が強力な兵器を持って抗うべきなのか?
力には力で返すしかないのか??
永遠の深いテーマですね。
面白くなってきましたw

神山長官なるタカ派の権力者は、ドラマを盛り上げる嫌な奴という、まぁステレオタイプですね (^^ゞ
異星人を排除して、人間の地球を守ろうとする人類愛の深い熱血タイプです。
これはこれで一つの正義なのが考えさせられるところです。

「人類は強大な力を持っていることを、敵に思い知らせてやる!」

この辺の危険発言が最初に出てくるので、危ない人 (=嫌な人)属性が付いちゃっていますが (^^;

「では、強大な力を持つ侵略者を相手に、どうやって戦うというのだ?」
「あの得体の知れないウルトラマンとやらに、いつまで頼るつもりだ!?」

ある意味、正論なんですよね。
ウルトラマンに頼らずに戦おうとした歴代防衛チームの隊長さん達と考え方は同じです。
地球の平和は人類自らの手で守る。
ウルトラマンに頼ってばかりじゃ、いけない。

特に、ビクトリアンの存在を知らないので、ビクトリウムエネルギーを使うことの負の側面を知らないようですし。
「未知なるエネルギーを安易に使うべきではありません」
「ウルトラマンは俺たちの仲間です!」
的な一般論や感情論では説得力が弱いです。

ただその結果出て来たソリューションが、固定砲台のビクトリウムキャノンです。
凄まじい威力ですが、基地に設置しちゃダメだろ。
これまで侵略してきているのは怪獣なんだからさ。。。
基地を守りたいってのは分かるけど、たまたま基地の周辺にやってきた怪獣にしか使えないじゃんw

ついでに言うと、固定砲台なのに照準がガンナーの射撃スキルに依存するってのもダメだと思いますがww

まぁ特撮兵器としては基地には最終兵器があって欲しいので OK ですけどね♪
そのうちに怪獣になりそうだしw


バードン vs ビクトリー

強敵バードンの「猛毒攻撃」(そのまんまのネーミングw)に左肩をやられて苦戦するも、
キングジョーのウルトランスで毒袋を潰し、
右手だけでV字サインを描いてのビクトリウムシュートで決める!

ビクトリーさんカッコ良すぎです♪ (^-^)

「ヒカル、何をやっている? 何故来ない?」
泣き言をつぶやくショウはカッコ良くないですがw

ボルストの最後

「もっと強い怪獣をよこせ!」
「その言葉聞き飽きました、お遊びは終わりです、ムッシュボルスト」

宇宙最強を自称し、ミッションよりも自分のケンカを優先する困ったちゃんでしたが、
エクセラーの駒として捨てられてしまいました。

分身してギンガを苦しめる等、自分自身もかなりの戦闘力を見せたボルストですが、
ギンガS にはあっさりやられてしまいましたね。
そしてビクトリウムキャノンの威力を示す当て馬に。。。
ギンガS を盛り上げてくれた立役者の一人だっただけに、退場は残念です(合掌)

次回はいよいよ大物の登場のようで楽しみです (^-^)
スポンサーサイト

ギンガS 12話 感想

ちょっと、忙しくて空いちゃいましたが、書き溜めてたギンガSの感想をアップしますww

まずはメトロン星人回、第12話 「君に会うために」

ウルトラマンギンガの歌は、神曲だと思ってます。
千草バージョンはちょっとイマイチでしたが、歌の良さを上手に活用していましたね♪


異星人がいっぱい

ガッツ星人ボルストと、メトロン星人の異星人対決という構図は面白かったですね。
ウルトラはこういうキャラクター資産がいっぱいなので、それを活用した展開はとてもいいと思います。
今回も、インペライザーから始まり、ガッツ星人、メトロン星人、ゾアムルチと盛りだくさんでした♪
まぁ、単純にスパークドールズの販促なんでしょうけど、
色んな怪獣や異星人の特性を活かした物語展開は見ていて楽しいですね。 (^-^)

見所は、
まずはビクトリー vs インペライザー。
脇役ながら、ビルのガラスに映り込む対決シーンや、ガッツ星人の誘拐ドラマの背景で繰り広げられる回し蹴りw
そして、前回からのお約束シェパードンセイバーで締めてましたw

続いては、ウルトラセブン回のオマージュとなる夕暮れの戦闘シーン。
電飾ギミック満載のメトロン星人には夕暮れが良く似合います♪
ついでに、電飾ギミック満載のギンガとビクトリーにも、もの凄く良く似合います♪
まぁ、メトロン星人はゾアムルチに一方的にフルボッコにされるだけでしたけどねw

あとはお互いに全く話を聞いてない、ボルストとエクセラーw
この二人の漫才も面白いですね♪

良い宇宙人と悪い宇宙人

このコントラストの構図もある意味定番ですね
宇宙人vs地球人のステレオタイプに一石を投じるには分かりやすい設定です。

異邦人ネタは常に同族意識と価値観の違いの問題にぶち当たります。
ウルトラマンの面白いところは、そういう哲学的な課題を
異星人と人間との関係性で描きやすいところなんてすよねー (^-^)

で、今回はおバカ路線を貫いたところ、
メトロンオマージュを徹底したところが特徴でしょうか。

結局、良い宇宙人とは、地球人の価値観を理解して迎合した宇宙人のことなんですよね。
大切なもの=アイドルというのは、コメディタッチで笑えますが、面白い設定だと思います。

非日常のサブカルエリアでは、文化の異なる異邦人と意気投合するってのはよくある話で、
メトロン星人とファンクラブ会員とアイドルの関係に友好的かつ相互扶助的な関係性ができあがっても不思議ではないです。
ハレ(非日常)の場では価値観が単純なんですよね。
このアイドルが好きって共通項だけで、仲間になれる。

ただ、ケ(日常)の世界において、メトロン星人がどこまで溶け込めるかというと。。。
いまの人間社会においては、姿や価値観を偽り、社会に潜入するしかないわけでして。
その辺りの限界に踏み込みが全くないのがギンガですねw

特にメトロン回といえば、それなりに深いテーマを扱うことで有名な宇宙人です。
最初は地球人を強制的に争わせようとし (セブン回)、
次には地球人には争わせる必要もなく、勝手に滅んでいくと喝破する (マックス回)、
そして最後はアイドル大好きだから地球万歳、侵略もういいや、ヒャッハー! (ギンガ)

面白かったからこれでもいいですw

君に会うために

そして前作の千草のその後を描いたのも良かったですね♪
夢を叶えただけでなく、人に夢を与える存在に成長していました。

さらにはメトロン星人を魅了し、結果的に侵略を断念させ、地球を救ったわけですから。
素晴らしい (^-^)

しかし、アイドルの魅力が、異星人の心を魅了するというのは、マクロス的(?)で面白いですが、
心打たれる展開では無かったですね (^^;

君に会いたい、君のために頑張る、そんな思いは伝わりましたけど、
アイドルと親衛隊隊長ですからね (^^;
最後のゾアムルチもアゴが開きっぱで唖然としてましたし。

まぁギンガらしく、「怪獣も宇宙人も仲間なんだ」みたいな博愛のテーマからは外れていなかったので、良かったと思います。
(^-^)
プロフィール

saibikan

Author:saibikan
怪獣が大好きな特撮マニアです。
ウルトラマンとか仮面ライダーのフィギュアの紹介や改造をして遊んでます (^-^)v
メインはホームページの方です。
本サイト:彩美館

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。