スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギンガS 13話 感想

ウルトラマンギンガS 第13話 「分裂UPG」 (12月2日放送)の感想です。
ちょっと、今更感ありますけど (^^ゞ

いよいよ物語がクライマックスに向けて大きく動き出してきましたね。

巨大兵器は必要なのか?

侵略してくる異星人に対して、人間が強力な兵器を持って抗うべきなのか?
力には力で返すしかないのか??
永遠の深いテーマですね。
面白くなってきましたw

神山長官なるタカ派の権力者は、ドラマを盛り上げる嫌な奴という、まぁステレオタイプですね (^^ゞ
異星人を排除して、人間の地球を守ろうとする人類愛の深い熱血タイプです。
これはこれで一つの正義なのが考えさせられるところです。

「人類は強大な力を持っていることを、敵に思い知らせてやる!」

この辺の危険発言が最初に出てくるので、危ない人 (=嫌な人)属性が付いちゃっていますが (^^;

「では、強大な力を持つ侵略者を相手に、どうやって戦うというのだ?」
「あの得体の知れないウルトラマンとやらに、いつまで頼るつもりだ!?」

ある意味、正論なんですよね。
ウルトラマンに頼らずに戦おうとした歴代防衛チームの隊長さん達と考え方は同じです。
地球の平和は人類自らの手で守る。
ウルトラマンに頼ってばかりじゃ、いけない。

特に、ビクトリアンの存在を知らないので、ビクトリウムエネルギーを使うことの負の側面を知らないようですし。
「未知なるエネルギーを安易に使うべきではありません」
「ウルトラマンは俺たちの仲間です!」
的な一般論や感情論では説得力が弱いです。

ただその結果出て来たソリューションが、固定砲台のビクトリウムキャノンです。
凄まじい威力ですが、基地に設置しちゃダメだろ。
これまで侵略してきているのは怪獣なんだからさ。。。
基地を守りたいってのは分かるけど、たまたま基地の周辺にやってきた怪獣にしか使えないじゃんw

ついでに言うと、固定砲台なのに照準がガンナーの射撃スキルに依存するってのもダメだと思いますがww

まぁ特撮兵器としては基地には最終兵器があって欲しいので OK ですけどね♪
そのうちに怪獣になりそうだしw


バードン vs ビクトリー

強敵バードンの「猛毒攻撃」(そのまんまのネーミングw)に左肩をやられて苦戦するも、
キングジョーのウルトランスで毒袋を潰し、
右手だけでV字サインを描いてのビクトリウムシュートで決める!

ビクトリーさんカッコ良すぎです♪ (^-^)

「ヒカル、何をやっている? 何故来ない?」
泣き言をつぶやくショウはカッコ良くないですがw

ボルストの最後

「もっと強い怪獣をよこせ!」
「その言葉聞き飽きました、お遊びは終わりです、ムッシュボルスト」

宇宙最強を自称し、ミッションよりも自分のケンカを優先する困ったちゃんでしたが、
エクセラーの駒として捨てられてしまいました。

分身してギンガを苦しめる等、自分自身もかなりの戦闘力を見せたボルストですが、
ギンガS にはあっさりやられてしまいましたね。
そしてビクトリウムキャノンの威力を示す当て馬に。。。
ギンガS を盛り上げてくれた立役者の一人だっただけに、退場は残念です(合掌)

次回はいよいよ大物の登場のようで楽しみです (^-^)
スポンサーサイト

ギンガS 12話 感想

ちょっと、忙しくて空いちゃいましたが、書き溜めてたギンガSの感想をアップしますww

まずはメトロン星人回、第12話 「君に会うために」

ウルトラマンギンガの歌は、神曲だと思ってます。
千草バージョンはちょっとイマイチでしたが、歌の良さを上手に活用していましたね♪


異星人がいっぱい

ガッツ星人ボルストと、メトロン星人の異星人対決という構図は面白かったですね。
ウルトラはこういうキャラクター資産がいっぱいなので、それを活用した展開はとてもいいと思います。
今回も、インペライザーから始まり、ガッツ星人、メトロン星人、ゾアムルチと盛りだくさんでした♪
まぁ、単純にスパークドールズの販促なんでしょうけど、
色んな怪獣や異星人の特性を活かした物語展開は見ていて楽しいですね。 (^-^)

見所は、
まずはビクトリー vs インペライザー。
脇役ながら、ビルのガラスに映り込む対決シーンや、ガッツ星人の誘拐ドラマの背景で繰り広げられる回し蹴りw
そして、前回からのお約束シェパードンセイバーで締めてましたw

続いては、ウルトラセブン回のオマージュとなる夕暮れの戦闘シーン。
電飾ギミック満載のメトロン星人には夕暮れが良く似合います♪
ついでに、電飾ギミック満載のギンガとビクトリーにも、もの凄く良く似合います♪
まぁ、メトロン星人はゾアムルチに一方的にフルボッコにされるだけでしたけどねw

あとはお互いに全く話を聞いてない、ボルストとエクセラーw
この二人の漫才も面白いですね♪

良い宇宙人と悪い宇宙人

このコントラストの構図もある意味定番ですね
宇宙人vs地球人のステレオタイプに一石を投じるには分かりやすい設定です。

異邦人ネタは常に同族意識と価値観の違いの問題にぶち当たります。
ウルトラマンの面白いところは、そういう哲学的な課題を
異星人と人間との関係性で描きやすいところなんてすよねー (^-^)

で、今回はおバカ路線を貫いたところ、
メトロンオマージュを徹底したところが特徴でしょうか。

結局、良い宇宙人とは、地球人の価値観を理解して迎合した宇宙人のことなんですよね。
大切なもの=アイドルというのは、コメディタッチで笑えますが、面白い設定だと思います。

非日常のサブカルエリアでは、文化の異なる異邦人と意気投合するってのはよくある話で、
メトロン星人とファンクラブ会員とアイドルの関係に友好的かつ相互扶助的な関係性ができあがっても不思議ではないです。
ハレ(非日常)の場では価値観が単純なんですよね。
このアイドルが好きって共通項だけで、仲間になれる。

ただ、ケ(日常)の世界において、メトロン星人がどこまで溶け込めるかというと。。。
いまの人間社会においては、姿や価値観を偽り、社会に潜入するしかないわけでして。
その辺りの限界に踏み込みが全くないのがギンガですねw

特にメトロン回といえば、それなりに深いテーマを扱うことで有名な宇宙人です。
最初は地球人を強制的に争わせようとし (セブン回)、
次には地球人には争わせる必要もなく、勝手に滅んでいくと喝破する (マックス回)、
そして最後はアイドル大好きだから地球万歳、侵略もういいや、ヒャッハー! (ギンガ)

面白かったからこれでもいいですw

君に会うために

そして前作の千草のその後を描いたのも良かったですね♪
夢を叶えただけでなく、人に夢を与える存在に成長していました。

さらにはメトロン星人を魅了し、結果的に侵略を断念させ、地球を救ったわけですから。
素晴らしい (^-^)

しかし、アイドルの魅力が、異星人の心を魅了するというのは、マクロス的(?)で面白いですが、
心打たれる展開では無かったですね (^^;

君に会いたい、君のために頑張る、そんな思いは伝わりましたけど、
アイドルと親衛隊隊長ですからね (^^;
最後のゾアムルチもアゴが開きっぱで唖然としてましたし。

まぁギンガらしく、「怪獣も宇宙人も仲間なんだ」みたいな博愛のテーマからは外れていなかったので、良かったと思います。
(^-^)

ギンガS 11話 感想

ウルトラマンギンガS 第11話 「ガンQの涙」の感想です。

なんかギンガSも変な方向で中だるんでますね。
嫌いじゃないですがw

見所を〜

目玉対決

今回は、アクマニア星人 vs ガンQ という目玉対決な回です。

ウルトラマンレオと、ガイアに登場した怪獣を、眼玉つながりで共演させるという、コメディ回ですw
こういう、怪獣の個性を活かしてつなげるのはいい企画ですね♪
ウルトラマン列伝の枠にふさわしいw

対決の結果ですが、
アクマニア星人の目からビーム(怪光線)を、ガンQが目で吸収してカウンターw

「お前のせいでこっちは大目玉だよ〜」

が笑えましたw
あと、ムエルテの変身シーンww


少年との心の交流

今回のテーマは、「怪獣と少年との心の交流」を描くジュブナイル物語です。

何もしていないのに、容姿だけで恐れられ攻撃されるガンQと、
自転車に乗れないがゆえに友達付き合いが悪くなり、母子家庭なこともあり孤独に悩む少年サトル

全く異質ながら社会的に弱いもの同士が支え合い、心の強さを取り戻してゆく物語です。
少年は、ガンQ(=サラリーマン)のもつ大人力で、自転車の特訓を受け、母への優しさを取り戻していきます。
そして、周りのせいにしていた少年が、自分から優しさを与えることを学び、大人になっていく。
そんなハートウォーミングなストーリーでした。

ラストは少年によりサラリーマンは強さを教わります。

コミカルなテイストなので、鼻につくこともなく、さらっと描いているのがいいですね。
その分、展開はご都合主義で、深みもないのですが、まぁウルトラマンですからw


理不尽というもの

立ち直る強さを描くためには、理不尽な世の中も描く必要があり、

ガンQ候補として見初められたのは、理不尽な上司に逆らえないしがないサラリーマン吉田さん。

そして、吉田さんを見いだしたアクマニア星人ムエルテもまた、上司エクセラーの理不尽な命令に振り回されるのであったw

「明日だと?
 宇宙人に昼も夜も無い、今すぐ探しにいけ! この愚か者ー!!

サラリーマンの悲哀話だっけ? 今回のテーマはw

しかし、ムエルテも可哀想ですな。
せっかく変身して名乗りを上げている最中に、ビクトリーさんにぶっ飛ばされてw

問答無用でぶんなぐるビクトリーさんが素敵
相変わらず喧嘩っぱやいのね (^^;

ちなみに、お題にもなっているガンQの涙ですが、
最後は ガンQのスパークドールズとなり、少年の宝物となるのでした♪
もうバンダイも大喜びな展開でw

ジュブナイルものに、怪獣対決と、玩具販促の要素を加えて、まとめあげた一作でした。
個人的には良かったです (^-^)


ギンガS 10話 感想

ウルトラマンギンガS 第10話 「未来への聖剣」の感想です。

今回は、シェパードンがシェパードンセイバーへと変化するいわゆる "パートナーの自己犠牲物語" です。
しかも怪獣版のw
もう面白く無いわけがない! (^-^)
(軟派な)怪獣好きにとってはたまらない展開ですね♪

まぁ、本当の怪獣好きには NG な展開かもしれませんが。(^^;
では、見所をあげていきましょう〜

超獣代表、ベロクロン & ドラゴリー

今回の敵役は恒例のボルスト様。
すっかり、アホキャラになってしまいましたが、いい味出してますね。

それが分身で操るのが、ベロクロンとドラゴリーという二体の超獣です。
最近では、超獣というとバキシムを加えたこの三体のどれかというのが鉄板な展開です。
メビウスあたりでスーツが新造されたのでしょうか?

初期の超獣デザインは大好きなので、超獣回になるとワンランクテンション上がる自分がいます。
燃えますよね〜w

特にベロクロンは秀逸だと思っています。
珊瑚とミサイルって、すごい発想だなと。
そもそも珊瑚怪獣ってイメージ湧かないですし、ミサイル怪獣っていうともっとメカメカしている怪獣をイメージしますよね。
今から 40年前のデザインとはとても思えません。(^-^)

今回の超獣のみどころは、
ストーリー的にはドラゴリーの噛み付き毒攻撃でしょうか。
でも個人的には、ガッツ星人の分身能力を活かした、分身ベロクロンのミサイル×2倍攻撃です!!

凶悪すぎでしょww
ただでさえ、ミサイルの塊のようなベロクロンが、その物量を倍にして叩き込んでくるわけですから。
そりゃ〜、シェパードンでなくてもたまりませんなw

怪獣退治の専門組織の隊員となることの制約

まぁ、細かいツッコミですが、面白かったのが、
ヒカルとゴウキ隊員のやりとりですねw

ギャグも面白いのですが、
今回ビクトリーがピンチに陥る理由が、ヒカルが隊員活動に束縛されて助けにいけなかったという点です。
(ゴウキ隊員に担ぎ上げられてしまうというのが、ギンガらしい束縛ですねw)

なんとなく、ウルトラのお約束として警備隊所属の隊員が、周りが気絶するとか隙を見つけるなりで変身することになっています。
しかし、実際には怪獣退治のクライマックスには常に行方不明で活動に参加しないわけで、こんなに不真面目な隊員は居ませんよねw
ザ☆ウルトラマンでも、主人公が仲間の警備隊隊員からダメ出しをされて苦悶する回がありますが、
周りにウルトラマンであることをバラしてはいけない制約によりピンチになるというのは、一つのパターンだったりします。

せっかく UPG ができたので、その辺りの設定を上手に活用していると思いました (^-^)

あと UPG ネタでは、怪獣を攻撃するのが戦闘機とかではなく、UPGの特捜車両『シュナウザー』につないだ銃という設定が好きです。
ガソリンスタンドみたいなアナログチックな雰囲気が良いです。
銃だと威力なさそうですが、何かとつなぐとパワーアップしそうですもんね!

まじめに考えるなら、シュナウザーに格納可能な可動式銃砲を取り付けて、ナビゲーターが乗車したまま銃撃できるように改造することをオススメしますw
あんな移動もできない状態で & 人がむき出しの状態で砲撃するのは自殺行為です。反撃されたらイチコロですからねww
しかも拳銃型ですから狙いもつけにくいでしょうし (^^;


シャパードンの献身と「つながる心」

そして、なんといっても今回のメインテーマ、シェパードンとビクトリーの絆の話です。
お互いを想い合う二人の絆が、奇跡を起こします。今回のタイトルは 「つながる心」 でも良かった気がしますね。
まぁ、玩具販促回の意味合いもあるので、"聖剣" の文字は外せなかったのかもしれませんがw

まぁお約束の展開でビクトリーがピンチに陥ります。
ぶっちゃけ、無理して出て来て足手まといになった感はたっぷりですが (^^;

でも、戦術的にはギンガストリウムがヘタレなんだと思いました。
ビクトリーがベロクロンを引きつけているんだから、その間にドラゴリーをタイマンで倒してしまえば良い訳です。
苦戦したのは、同一人物(分身)ならではの完璧な連携のせいなんですから。
半端にビクトリーを気遣って、自分のミッションをきっちりこなさないギンガが甘い!

まぁ、なんてツッコミは置いておいて、

大ピンチのビクトリーの前にシェパードンが立ちはだかります。
個人的には、シェパードンと超獣のガチプロレスを展開して欲しかったですが、
弱ったシェパードンは、盾になるだけ。
ビクトリーをかばい、背中でベロクロンの攻撃を受け続けます。

ベロクロンもペチペチ叩いてないで、ミサイルぶち込めば良いのに。
ドラゴリーは腕力が凄いってイメージありますからね。
ベロクロンはあまり接近戦は似合わないです。

う〜ん、けなげなシェパードン
しかし、いつみてもジラを思い出しますな。古い方の海外版ゴジラのことね。あのマグロ食ってるやつです。

ショウ: 「俺の中にはいつもお前がいた!」
シェパードン: !!!!

背中ビ〜〜〜ムっ!

ショウの愛の告白(違)で、ベロクロンをふっとばすシェパードン可愛いすぎるwwww

まぁ、その後、怒りのベロクロン分身ダブルミサイルアタック(勝手に命名w)をくらってお亡くなりになるわけですが。

最後の力で、シェパードンセイバーという新たな力をビクトリーにさずけます。
ついでに、ショウの毒も治癒し、
ついでに、クリアーのスパークドールズになって、玩具販促にも貢献するというw
なんてけなげなシェパードン (T-T)

「俺とお前はいつも一緒だった。」
「お前がいてくれれば、俺は絶対に負けない!」

適齢期のビクトリアンは、ショウとコヨリしかいないのに。
ショウの心の中にはシェパードンしか見えてないようでw

お互いを想い、いたわり合う心。
二人(匹?)の心は通じている
これからも心はつながっている
それをマナは陰から覗いてるw

ルギエル復活のふりがどんどん大きくなっていきます。次回乞うご期待 (^-^)

ギンガS 9話 感想

ウルトラマンギンガS 始まりましたね

第9話「取り戻す命」の感想など書いてみたいと思います。

ワンゼロの取り戻した命

今回のテーマは、何と言ってもワンゼロの生まれ変わりでしょう。
新しい価値観で生きていく=生まれ変わる、ということです。
これまでのチブル星人への忠誠を誓うという、自分の中の絶対的な価値観が揺らいだ時にどうするのか。
新しい価値観のもと、新しい人生に踏み出せるのか。
非常に面白いテーマを描いていると思います。

イスラム国だの、尊厳死だの、信条にまつわる話題は昨今多いですからね(^_^;

惜しむらくは、前回の話と随分と間が空いてしまったとこです。
ショウの呼びかけや、チブル星人の捨て駒扱いな仕打ちは、既存の価値観の
崩壊につながるわけですが、それを回想シーンでしか再現できないのは、弱かったですね。

ただ、サイボーグという設定を上手く生かしてたと思います。特に、
・自己修復回路の作動を自ら止める=死を選ぶ
・呼びかけに応えて作動させる=新しい生を選ぶ
という構図は、
生まれ変わるというのを物理的に表現したいい展開だったと思います(^-^)

しかし、生まれ変わるには、これまでとは異なる新しい価値観が必要で、その表現がイマイチでしたね。
結局、ワンゼロが何を新しい生きがいとして見出したかはよくわかりませんでした。
美鈴に優しくされただけじゃんw
まさか和菓子職人の道に目覚めたとかいうビックリ展開じゃないですよねww

美鈴の天然ボケ

ワンゼロとの会話、というか一方的に話しかける美鈴w

「名前聞いてなかったね」
「あなたの名前も教えて、、、、ごめん、言いたく無いならいいよ。」
「そうだ、じゃあ、マナ、マナって呼んでも良い?
 あなたマナって感じ」


やべぇよ (^^;;;
この娘、ある意味コミュ障入ってるよww

しかも続く台詞が、

「ハワイの言葉でね、素敵な意味があるんだよ!・・・・なんだっけ!?」

忘れてるしww

ショウに見つかって逃げ出す二人
手を引きリードする美鈴が放つ決意のセリフ

「大丈夫! 私が守るから!」

いや、3秒後にはワンゼロに守られてるし!
以降、遅いくるチブロイド兵の前にひたすらお荷物キャラな美鈴w

このノーテンキキャラがいたからこそ、ワンゼロ => マナの生まれ替わりが成立したのかもしれませんね (^^;


ギンガとビクトリーの名コンビ

個人的にワンゼロ以上に良かったのは、ギンガとビクトリーのタッグバトルです(^-^)
ショウの成長が描かれてましたね。
美鈴がピンチな時にベムスターが出現!
ビクトリウムが奪われそうです!
変身するか、仲間のピンチを助けるか、そんなニ択に対して迷わずに美鈴を選ぶところにショウの変化を感じます。

「ギンガ、早く来てくれ!」

彼にとって、ギンガと共闘することが当たり前になってきているんですよね。
前半までの彼との違いを明らかにする演出です (^-^)
素晴らしい♪

更に、ギンガクロスシュートも、ビクトリウムシュートも効かない(かわす or 吸収する)ことで、チブサーキットで強化されたベムラーとベムスターの強敵っぷりを演出した後に、
二人の阿吽の連携でピンチをひっくり返します。

「ショウ、俺の合図で飛び上がれ!」

「飛ぶ?」

「あぁ、思いっきり高く!」


これで伝わる、二人の絆。
ファイブキング戦を経て、協力プレイに磨きがかかった感じがいいですね (^-^)

そんな二人の強さの演出は、さらなる強敵の伏線だとすると、来週にも期待がかかりますね。


プロフィール

saibikan

Author:saibikan
怪獣が大好きな特撮マニアです。
ウルトラマンとか仮面ライダーのフィギュアの紹介や改造をして遊んでます (^-^)v
メインはホームページの方です。
本サイト:彩美館

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。